33%
 
   各種金属探知機 | 探査レーダー | エックス線検査装置 | 各種周辺機器・アクセサリー  

  HOME > 各種金属探知機 > 深層探査用途金属探知機   
  deep  
 
深層用金属探知機とは
ジェミニ3金属探知機

深層用金属探知機DTS-5000

DEEPMAX-X6新型金属探査機

PS-2本体/皮ケース/アクセサリ

PS-2標準システム+1mコイル

DEEP HUNTER 標準セット

DEEP HUNTERプロセット

JEOHUNTER-3D探査機PRO

JEOHUNTER-3D探査機STD

GOLDEN-KING探査機 

GOLDEN-KING探査機プロ

深層用金属探知機は主に大型または多量の金属を探す場合に使用されます。深層用金属探知機を用いて海岸や公園で硬貨や指輪などを探すことは、ある意味無理があります。従って、深層用金属探知機はいわゆるトレジャーハンティングのみに使用されるといっても過言ではありません。
深層用金属探知機の動作原理と用途
海外ではトレジャーハンティングに金属探知機を用いることが多く、遺跡や王家の墳墓、廃墟などの調査のために使用されています。深層用金属探知機の主な検出原理はパルスインダクション方式で、これによって金属を検知します。パルスインダクションの原理は、センサーコイルから発するパルス(磁界)により、金属ターゲットに反極性の磁界を生じさせます。コイルにより発せられるパルスの磁界が消滅するとき、反射パルスが生じ、金属ターゲットの磁気フィールドにより反射パルス完全に消えるまでに時間(遅れ)が生じます。そしてこの時間差はエコーと呼ばれます。このエコーの変化をセンサーコイルで検知します。このような方式を用いて、地下の大型の金属物や多量の金属物を検知します。

パルスインダクション式深層用金属探知機の特長
 ●海水などの影響を受けにくいため、誤反応が少ない
 ●従来の電磁式と比較して、探知深度の向上が期待される
 ●ノーモーションでの、金属の検知が可能(ピンポイント)
 ●深度の計測が容易である


探査深度測定方法
探査機に深さ表示機能がなくても大まかな深さを測定できる方法です。
日本の埋蔵金
埋蔵金第一人者作家の八重野充弘氏によるこれまでの埋蔵金調査報告

 
美幌駐屯地地下に眠る零式艦上戦闘機の真実
終戦間近、美幌で突如消えたゼロ戦の真実を紹介しています。
 
 
 
 
 


1997-2016 Imex Trade Co. Copyright all rights Reserved.